生コラーゲンとアロエ成分が似ているって?

生コラーゲンとアロエ成分が似ているって?

コスメカンパニー株式会社から生コラーゲンにアロエエキスを配合したもの「ドットフリー」という美容液が発売されています。こちらは吸着型の生コラーゲン配合で、潤いとハリを目指し、高保湿ヒアルロン酸2,000mgとアロエエキスを配合していることで、1本で5役をこなすというものです。

 

つまり、オールインワンジェルタイプの美容液で、洗顔後はこれ1本でOKというものです。しかも50mlが1,000円(税抜)とプチプライスで、生コラーゲンを試してみたいという人には入りやすい価格だと思います。

 

では、なぜ生コラーゲンにアロエなのでしょうか?アロエは抗炎症作用、収れん作用(毛穴を引き締める)作用がありますが、火傷の時にもアロエの保湿成分が皮膚を冷やし、細胞から保湿成分が真皮まで届くのが有名です。一方で、上記アロエ成分の作用の一部が生コラーゲンと同じなのです。つまり、保湿、抗炎症がありますので、生コラーゲンとアロエのW処方で保湿は完璧となります。

 

その他にも、アロエには天然植物由来で万能薬と言われていますので、敏感肌の人も安心して使えることができます。角質内に水分を確実に届ける組み合わせとしては、生コラーゲンとアロエ成分両方あれば、確実に保湿が叶えられますね。

 

こちらもHPに口コミが掲載ありましたので一部抜粋でご紹介したいと思います。

 

「コストパフォーマンスがとても良いです。安いのに保湿ができます。しかも、他の化粧品を揃える必要がなく、これ一本というのは忙しい私にはぴったりでした。」「臭いもなく透明なジェルだったので、ちょっと不安でしたが、使い始めると保湿できているのがわかり、とてもテクスチャーの軽さに驚きました。そして、毛穴が日々引き締ってきているのが実感できて、肌年齢が若返っている気がします。」という嬉しい口コミでした。

 

なぜこんなに安くできるのかわかりませんが、アロエそのものも、家の軒先にわんさか葉を広げているお宅もあるほどなので、アロエ原料調達には費用があまりかかっていないのかもしれないと考えます。火傷に効果的なアロエは、一時的に高温で損傷した細胞に水分を送り届け、冷やし、痛みを和らげて、火傷を治りやすくします。生コラーゲンも細胞に水分を送りとどけ、しぼんだ細胞をぷっくりした形にもどして、保湿による若返りを目指します。

 

だから生コラーゲン効果とアロエ成分の効果は実はお互い細くする部分もあり、効果を倍増させる部分もあるのではないのかと考えます。